女性ホルモンを増やす方法 注目のサプリメントを徹底比較

漢方や処方薬の服用

軽度の更年期障害などに用いられる医師処方の低用量ピルや漢方薬の効果や副作用について解説します。

女性ホルモンを増やす方法【漢方】

漢方は更年期にいいの?更年期障害などの対処法のひとつとして、婦人科などでは漢方薬を処方する場合があります。

ピルなどの西洋薬は、ひとつの成分だけを保有して症状を抑えるように働きますが、漢方薬は自身の自然治癒力を高めるように作用する、という大きな違いがあります。そのため、西洋薬のように多くの薬を服用することも避けることができます。

特に、更年期障害や月経不順などの症状は、検査や数値で測定するのが難しく、体質を重視する漢方薬が有利に働くケースも。「ピルを服用しても効果がなかった」という人が、「漢方薬に切り替えたところ症状が和らいだ」という話も良く耳にしますよね。

更年期障害の場合、ホルモンバランスを整える逍遥散(しょうようさん)、基礎代謝を上げる紅華(こうか)、赤芍(せきしゃく)、丹参(たんじん)などの生薬が配合された漢方が効果的です。ただし、効果を感じるまで時間がかかるかもしれません。

女性ホルモンを増やす方法【処方薬】

一方、医療分野で根強く推進されているのが女性ホルモンを補填的にとる低用量ピル。日本ではまだ副作用が恐いというイメージを持つ人がいるようですが、海外では10代から使う人も多く、世界では一億人以上が使用している薬です。

特に、欧米では「体質や相性などの個人差はあるものの更年期障害には良い効果をもたらす」と導入を推進していています。

とはいえ、タバコを吸っている人や心臓に疾患を持つ人など、ピルを使えない人もいますし、ニキビができたり、月経前症候群が悪化したり、不眠を招いたり副作用に苦しむ可能性があることも確か。

興味のある方は内科や婦人科系の医師に相談してみると良いでしょう。

安全性で選ぶなら、漢方や処方薬よりサプリ!?

漢方とサプリ、どっちがオススメ?漢方もピルも長期間服用することで女性ホルモンが増加したり、バランスが整うなどの効果が期待できます。

しかし、ピルは体質によっては大きな副作用を招く恐れもありますし、体に安全と言われる漢方も胃腸障害を起こすことがあります。最近は、体の安全を考えて漢方を服用する女性が増えているようですが、漢方は体のバランスを整えることを目的にしているため、効果を実感するまでに長期間かかる場合もあります。

サプリメントの摂取は、もっと直接的に足りないものを補填する考え方なので、漢方薬よりも早く効果が現れるケースが多いのです。安全性、即効性の両面から考えてもサプリメントがオススメだと言えます。

女性ホルモンを増やす方法を安心して続けられる方法をランキングにしました

PAGE TOP