女性ホルモンを増やす方法 注目のサプリメントを徹底比較

番外編 恋をする♪

恋をするとキレイになれるというメカニズムを徹底解説。恋のほかにも女性ホルモンの分泌を活性化させる方法をご紹介します。

女性ホルモンを増やす方法【恋愛】

恋は女性にとって色々な変化をもたらします。流行のファッションやメイクに目覚めたり、毎日が楽しくなったり。そして、内側からも美しく変化していきます。

恋をするドキドキや高揚感が女性ホルモンを盛んに分泌させることは科学の分野でも実証済み。女性ホルモンをつかさどっているのは脳の視床下部という部分で、恋をするとこの視床下部が刺激され、女性ホルモンが分泌されるのです。

これが「恋をするとキレイになれる」という通説の理由。恋をすると盛んに分泌されるのが、4つのホルモン。

  • エストロゲン
    胸が大きくなる、ウエストがくびれる、肌艶が良くなるなど、女性らしい外見を演出してくれるホルモン。恋に落ちてから1カ月ほどで変化が現れるようです。
  • フェニルエチルアミン
    やる気ホルモンとも呼ばれ、「この恋のためながら頑張れる!」というポジティブな気持ちにしてくれます。消化を促すホルモンなのでお腹のポッコリ解消にも効果が期待できます。
  • ドーパミン
    嬉しいと感じた時に分泌されるホルモンで、交感神経を刺激します。楽しいこと、嬉しいことを繰り返したくなり、「彼に会えて嬉しい!」という気持ちをより強くしてくれます。
  • オキシトシン
    母性をつかさどるホルモンで、性的な妄想によっても分泌されます。男性を引き付ける色っぽさや魅力的なしぐさが身につくホルモンです。

妄想・エア恋愛でも女性ホルモンが大量に!?

女性ホルモンの分泌が増えると感情が豊かになり表情も明るくなります。ドーパミンは幸福感をもたらし、フェニルエチルアミンは気持ちを前向きにさせる働きがあるから、恋愛中は笑顔が増え、魅力的に映るというわけなのですね。

そして、感情が豊かになると視床下部の働きも活発になり、女性ホルモンの分泌もスムーズになります。女性ホルモンが分泌されると肌のハリも艶も良くなりますしボディラインも美しくなるなどの変化も現れます。

彼や夫との付き合いが長くて、ドキドキしない。でも、浮気をするのはちょっと…という方には妄想恋愛がおすすめ。「恋心を抱いている」という疑似状態を作り、自分で盛り上げるだけでも幸せになれるそうです。

恋愛ドラマや映画を観て感情移入してみたり、「意識していない男性と2人になった時、この人と付き合ったらどうなるのかな」と考えてみたり。妄想シチュエーションを楽しんで女性ホルモンをたくさん分泌させましょう!

女性ホルモンを増やす方法を安心して続けられる方法をランキングにしました

PAGE TOP