女性ホルモンを増やす方法 注目のサプリメントを徹底比較

ホルモン補充療法(HRT)

注射、飲み薬、貼り薬など、エストロゲン製剤を用いたホルモン補充療法について、治療の特徴や効果、副作用の有無を解説します。

女性ホルモンを増やす方法【ホルモン補充療法】

女性ホルモン補充療法(HRT)とは、更年期症状や更年期障害の治療のために、閉経前後に不足する女性ホルモン(エストロゲン)を、注射、飲み薬、貼り薬などで補填する治療法で、医療機関のみで行われています。

HRTの特長は、加齢とともに減少した女性ホルモンを補い、不足することにより現れる症状を軽減できること。ほてり、のぼせ、発汗などの代表的な症状に高い効果を発揮する治療法で、欧米では30年以上の実績を持っています。

ただし、エストロゲンの過剰摂取はがんの発症率を高めるなどの報告もありますし、副作用として血栓やホルモン産生腫瘍のリスクがあるため、日本ではまだ不安を感じる人が多いようです。

ホルモン剤は個人輸入などでも入手できますが、必ず医療機関で医師の指示に従って補充療法を受けましょう。

ホルモン補充療法の種類

HRTにはいくつかの治療法があり、症状や体質などに合わせて選ぶことができます。通常、子宮がある場合は、子宮体がんの発生を予防するために黄体ホルモンという女性ホルモンを一緒に服用します。

薬の種類は内服薬(腸管から吸収され、肝臓を通過した後に効果を発揮する)、貼り薬(1週間に2回張り替えるタイプ、2日に1回張り替えるタイプがある)、塗り薬(毎日塗ることで効果を発揮する)など、薬剤の幅が広がっています。

ホルモン補充療法を始めるとどうなるの?

HRTのスタート時に、不規則な不正正規出血、吐き気、胃のむかつき、乳房のはりなどの症状が表れることもあります。

これらの症状の多くはHRTを続けていくうちに自然に治まることが多く、薬の種類を変えることによっても対処できます。症状が現れたからと言って自分の判断で服用を中断せず、医師に相談するようにしましょう。

エストロゲンと黄体ホルモンを同時に服用することで乳がん、子宮体がんの発生率が高くなることはないと言われていますが、使用する場合は定期的に乳房と子宮の検査を受けることが大切です。

女性ホルモンを増やす方法を安心して続けられる方法をランキングにしました

PAGE TOP